ニュース — 繊維業界 RSS



コロナ時代のセレクトショップの在り方

現状コロナウィルスでインバウンド売り上げが見込めず、閉店した店や、店舗数縮小を余儀無くされる都内セレクトショップが多く見受けられる。そんな中で、県外古着屋の契約バイヤーやFACHがプロデュースする古着屋「天狗」のバイヤーを兼任し勤めている【K】が考えるwithコロナ時代に向けた買い付け方とセレクトショップを運営する上でのキーワードをご紹介したいと思う。 まず、初めに重要な2つのキーワードをご紹介しておく。「顧客特化型」「希少性のあるアイテム」このワードにフォーカスして解説していこう。 まず、「顧客特化型すでに実践しているお店を紹介する。下北沢にある「VELVET 」だ。コロナウィルス蔓延前には多くの流動客が見受けられた下北沢において、流動客をメイン客層とせず、スタイリストやショップ店員、顧客層にフォーカスしたトピック性のある商材を取り揃えている名店だ。商品の仕入れ一つ見ても他の店では見られないVintageと厳選されたセレクト商品、VELVET別注商品が多くのファンを今も尚、魅了している。これからの時代は流動客の数は減りインバウンド売り上げが見込めず、邦人の目的来店が増えていく中でどれだけ顧客のニーズにフォーカスした商品仕入れが出来るか、どれだけ顧客と呼べる消費者の母数を増やせるかが鍵となるのは間違いないであろう。都内で大きく構えている大手セレクトショップは流動客とインバウンドの来店不足により、売り上げが6割程度の落ち込み、今後3~4割の売り上げ規模となる見込みだ。一方で地方の個人経営セレクトショップは地方密着型(顧客特化型)を主流にしている為、根強いファンを抱えているのでそこまで大きなダメージは受けていない。総じて、どの企業もECの売り上げに向けた取り組みに力を入れているが、見直すべきは ”これからお店に足を運んでくれるお客さんや今まで来てくれていた既存顧客との向き合い方” なのではないかと思う。 次のキーワード「希少性のあるアイテム」だ。消費者目線に立つと、収入自体が減り、「また蔓延した時のために」「何が起こるかわからないから貯めておこう」、、、保守的になるのは当然だ。ファッションや洋服は趣向品に過ぎず、必要最低限の買い物(ミニマリスト)や代替えで済ませる、シーズンレスなど洋服に対しての出費にシビアになる事が当たり前になっていくだろう。これからの世の中では、「このお店でしか買えない」「~足限定販売」「国内未発売商品が入荷」など今挙げた希少性を表現するワードが消費者にとってはより一層際立って聞こえるフレーズになるだろう。これからお店で買い物をする消費者の8割は目的来店になり、残りはECで購入するための下見になるだろう。だからこそ、その店でしか買えない別注や一点モノのリメイク品、もう手に入らないデザイナーズアーカイブ、など付加価値をつけた上で買い付けや商品生産をする事がwithコロナ時代でのスタイルだと思う。 そして消費者が買い物をしようと考えたときに一番最初に頭に浮かび、またあのお店に行こうと思えるようなお店がwithコロナ時代で戦えるセレクトショップとしてのビジネスモデルになるだろう。

続きを読む



新型ウイルスの影響で外出自粛中を余儀なくされている中で、どうオシャレを楽しむか?外出自粛期間中のファッション問題に対して考察していこう。

  まずオシャレとは究極の承認欲求の塊だと考えられる。 なぜなら、スタイリングとは自分の満足する形を表現することであり、 他人からの評価や 世間からの見られ方、 世間体に対してどう見られたいか。 という承認の思考の元で生み出されるからだ。   正直、ライフスタイル重視で必要最低限の洋服があれば良いと考える人もいるだろう。   このような人には 服に何万何十万もつぎ込む人は到底理解できないだろう。 だが、洋服に魅せられてその全財産をつぎ込む者もいるのだ。 それが洋服に対しての彼らなりのリスペクトとロマンなのだ。   そんなはっきりと趣味嗜好が別れる"オシャレ"について本題に入っていこう。     まず現代において、オシャレを楽しむ媒体として以下2つに別れるであろう、   【1】オシャレを誰かに見せたい →Instagram、Yotubue、wear   【2】オシャレを勉強したい、オシャレになりたい →Instagram、ファッション記事、ファッション論文や文書   という風に区別できる。     【1】オシャレを誰かに見せたい   ここに該当する人はSNSがベストだと考える。 そもそも、SNSには不特定多数の人と繋がれるという定義が含まれている。   「あるファッションブロガーを見て、オシャレだと感じる。」   この感情を不特定多数で感じてもらえることが可能となるのだ。   どうすれば自分がオシャレだと思ってもらえる? それの具体的な方法は?   と言われそうだが、冒頭にもある通り オシャレとは承認欲求の塊なのだ。   自分が満足すれば良く、他人から意見をもらうのはただ自分に自信がなく、世間体に合わせようとしているだけだ。   それはオシャレの本質を勘違いしている。 周りの目を気にしている臆病者と同じなのだ。   だからこそ他人には出来ない自分を表現し、発信できる人が本当にオシャレを楽しんでいる人だと言える。   【2】オシャレを勉強したい   これに該当する人は 単にSNSやインターネットを使用して、情報収集するだけでは不十分だ。 なぜならインターネットには表面的な情報しか出てこない。 流行りやトレンドを追うことも大切であるが 洋服のトレンドというのは過去の歴史からインスピレーションを得たデザインーが作り出したムーブメントにすぎない。   つまり、言えることは 過去を遡り、学んだ上でたくさんの洋服に袖を通せ!   論文や文庫、雑誌、SNS過去を遡り学ぶ方法はいくらでもある。オシャレの本質につながるヒントや楽しむきっかけは探せば必ず見つかるはずだ。 コレクション、洋服の特徴、その時代背景など洋風に影響を与える要因は数えきれない。 様々なインスピレーションを受けた当時の者が作り出すアパレルの形、匂い、背景、全て学べ。 ここが次の時代を作る一要因となることは間違いない。 現代のトレンドがどうやって作られているかわかるはずだ。   オシャレな人は最初から "センスがいい"からだという人がいるが   大方間違っていないが一つ間違っている部分がある。   勉強していないわけではない。   "好きこそ物の上手なれ"   いわば、探究心。好きだからこそ様々な部分を調べて自分なりにまとめ、それをアウトプットしているのだ。 勉強してセンスを学び、そして死ぬほど洋服を買って袖を通す。   それが君とゆう人物が作りだすアウトプットに必ず繋がる。   それがオシャレな人間になるべき道筋だと思う。

続きを読む




アパレルのEC化率は他の業種と比較して、低い(13%程度)と言われているがなぜか?

  私たちはアパレル従事者だ。 これだけ、スマホや5GなどITの力が成熟した時代なのにアパレル業界のIT化は進まない。 この理由について今回は書いていく。   非アパレル関係の仕事に従事している者の意見 結局服を買うときの理由として自分に合うかどうか って部分がかなり効いてるから、結局服はリアルでの販売が強くて、ec化率が低くなる。   アパレル関係の仕事に従事している者の意見 そもそもアパレル系EC購買層において2種類分けられる。   1.実際のシルエットや素材感がわかったうえで安い金額で購入したい層 (28歳以降のファミリー中心)      ↓ 実際に着用モデルと自分の体型における身体的違いを理解しており、実際に着用してファッションアドバイザー(販売員)の意見も含め、自分で納得したものを購入し、それを長く着続けたいと考えている。   2.お洒落したいと考えており、数量限定商品などのアイテムへも興味があるが、物理的な理由で行けない層       ↓ Supremeオンラインで購入したり、GR8、unfollow、NUBIAN等の東京のセレクトショップのブランドオフィシャルのInstagramに掲載されていたアイテムや希少価値の高いアイテムをオンラインで発売と同時に買いたいと考えている層とセグメントを分けることができる。   上記を踏まえた上でアパレルの市場規模はUnaited Arrows、Baycrews、Beams、UNIQLOなどの大手が大半を占めている。(レディースの場合はそれに加えて、BAROQUE JAPAN LIMITEDやその他ファストファッションが入る。) 各企業が1のファミリー層に向けて販売金額を多くしようと戦略を立てているが故に、アパレル企業のEC化率が増えていかないのは必然と言えるだろう。プールの大きさは変わらず、むしろ減少していると考えられるがそこパイを大手が取り合おうとしているが故に規模が大きくなっていないのが現状と言えるだろう。   その一方で2のお洒落したいと考えている層は直接購入できないのでオンラインで購入しなければならず、そのセレクトショップやブランドでしか購入できないものがある為、オンラインで購入する。   その一方で2の層は購入する目的やアイテムなどセレクトショップに根付いている地方顧客層がECを利用して購入する。このため、上記3つであげたセレクトショップでは店頭売上をECの売上が越している。   多少話がずれてしまったが メンズというのはその店で購入するという価値観をストーリーとして付けたいから在庫がある限り店舗へ行くが レディースはより安くて、良いものを長く使いたいから実際に着用しないと自分の中で納得できない。 以前試着したものと同じものがECで安く売っている時やタイムセールを行っている時にECで購入するという行動が発生するのである。 以上のことから、アパレルの市場規模はレディースが大半を占めており、そのレディースの特徴として上記で挙げたような理由からECで気軽に購入するというロジックには至らずECでの売上が伸びないのは必然と言えるだろう。

続きを読む